応用行動分析 ABA

応用行動分析(学)(Applied Behavior Analysis)は、行動変化と学習の科学的分析を、人や動物の実際のよりよい暮らしに役立てるために応用すること、もしくは、応用するための技術を研究する学問こと。行動変化の科学と技術は、指導、トレーニング、子育て、カウンセリングに欠くことのできないものです。

環境が存在しなければ、行動は存在することはなく、行動は常に環境からのフィードバックを受け、変化しています。望ましくない行動を、望ましいものへと変化させ、それを維持するために、環境をどうコントロールすれば効果的なのかを、ABAは追求しています。この「効果的」という意味には、単に行動の変化の早さを求めることではなく、いかに行動主である人や動物の生活の向上に役立つかということが含まれています。