ブラインドドッグのためのKONGを使ったノーズワークゲーム(動画)

何かゲームを提供して、愛犬を楽しませていますか?

ノーズワークゲーム(犬に鼻を使わせるゲーム)は、ブラインドドッグ(目の見えない犬)にとって楽しいだけではなく、自信をつけさせ、臭覚を使った追跡、想像力などの能力を伸ばすことにも役立ちます。

今回は、私が愛犬のの(ブラインドドッグ)と楽しんでいるゲームの1つを、教え方の手順とともにご紹介します。準備も教え方も難しくありません。目が見えるワンちゃんも同様に楽しめると思います。ぜひトライしてみてください。

Nose Work Game for Blind Dogs – Using KONG

動画内の解説は英語です。英語に抵抗がない方はそのまま動画をご覧ください。そうではない方は、日本語の解説(動画の次に掲載)を読んでから、動画をご覧いただくとご理解いただきやすいと思います。


ブラインドドッグのためのコングを使ったノーズワークゲーム動画
日本語解説

準備するもの

  1. 食べ物をつめた、もしくは、ペースト状の食べ物を内側塗ったコング
  2. タオル

私は、フリーズドライのカボチャフレークを水で戻し、フラックスシードオイルを数滴混ぜて、かぼちゃのペーストを作り、コングの内側に塗っています。

※フードの詰め方についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。また、KONGのWebサイトでは愛犬を楽しませるための様々なKONGレシピ(英語)が紹介されています。

ゲームの手順

  1. 愛犬にオスワリまたはフセの状態で待たせる。
  2. フードをつめたコング、または、ペーストを塗ったコングを置く。
  3. 「探して」など決まった言葉のキューをかける。

手順は一貫して同じですが、犬にこのゲームのやり方を伝えるために、また、それが理解できた後は、楽しさを継続できるように、コングの置き方、置く場所を変化させます。

  • 1日目 コングを犬の目の前に置く。
  • 2日目 コングにタオルをかぶせて、犬の目の前に置く。
  • 3日目 コングをタオルで軽く包んで、犬の目の前に置く。
  • 4日目 コングをタオルでしっかり包んで、犬の目の前に置く。
  • 5日目以降 タオルでしっかり包んだコングを置く場所を、徐々に犬から離れた場所に置くようにしていく。

明確に目的を持って探している様子が見られたら、鼻を使って探すことを理解したと考えて、少しずつコングを置く場所を「見つけづらい場所」にしていきます。もちろん、それを探す時、引っ張り出す時に危なくない場所であることは、事前に確認しましょう。

簡単過ぎても、難し過ぎても、取り組む意欲はわいてきません。「ちょっと難しい」の継続が成功と楽しさの鍵。コングを鼻で探すことを理解する。そして、それに慣れるまでは、徐々に難しくなるよう配慮します。十分に慣れ、意欲的に探すようになったら、コングを置く場所を毎回変化させて、ゲームを単調にならないようにします。

2枚のタオルでコングを二重に包むことでも、「ちょっと難しい」を加えることができます。複数のコングを使えば、楽しい時間をより長くすることができます。


食事中に愛犬が吠えたり、飛びついたりして、食べ物をほしがって大変!ならば、人の食事の時間は、愛犬にこのゲームを食事をおねだりすることと両立しない「お仕事」として提供して、楽しんでいてもらうといいでしょう。

, , , , ,