パピーの飛びつき改善(動画紹介)

Pia Silvani, CPDT-KA, CCBC-KA (Vice President of Training and Behavior of St. Hubert’s Animal Welfare Center) 氏がパピークラスで、飛びつきをなくすための方法について指導している動画をご紹介します。シンプルな内容ですが、トレーニングの重要なテクニックを見ることができるので、パピーオーナーさん以外も学びになるはずです。

動画は英語ですが、対処や練習方法の詳細は動画の後で補足付きで説明しますので、わからなくても問題ありません。見ていただきたのは、後半のPiaの教え方のお手本です。

How to Prevent a Puppy from Jumping Up (classroom)

「飛びつき」を改善するための練習方法は至ってシンプル。「オスワリ」した瞬間にトリーツを食べさせるだけ。それを繰り返すことで、人が来たら、飛びつくのではなく、オスワリした方が得だ!と犬は考え、飛びつくことではなく、自らオスワリすることを選択するようになります。

飛びつきと両立しない行動を教える分化強化(DRI: Differential Reinforcement of Incompatible Behavior)を使ったアプローチ。

この方法、パピーは驚くほど早くトリーツがもらえる法則に気付きます。あとは繰り返し練習するだけ。叱ることも、間違いを指摘する必要も一切ありません。逆に、飛びつきに対して、犬の方を見たり、声を上げたり、飛びついてきた犬の前足を掴んだりするなど、人が何らかのアクションを起こすことは、犬の興奮をあおったり、犬にとって報酬となる場合があるので、飛びつくという行動を思いがけず強化(より強く、頻度の高い行動に)してしまうことがあります。飛びついてきた場合は、そこには何もいないかのように振る舞い、何の反応もせずやり過ごします。

また、飛びつくという行動そのもので犬が満足感を得ることもあるので、できるだけ早い段階で、この動画のテクニックで、何度も何度も繰り返し練習して、犬が飛びつくという経験を積んでしまう前に、オスワリすることの価値を高めてしまう方が有効です。

パピーがこちらが望む行動である「オスワリ」を自発的にするのを待ちます。指示したり、何かアクションを起こしたりしません。「オスワリ」している状態のときに、トリーツを食べさせます。その体勢をくずさせないように、トリーツはすばやく犬の口にいれます。

トリーツを持っている手がひらひらと目の前を動いていれば、パピーは当然それに釣られてしまいます。つまり、失敗させてしまいます。トリーツを持った手が目の前で動いても、じっとしていることも、もちろん、いずれは必要なことになりますが、クライテリア(報酬に値する行動の基準)は常に1つであることが大切。動画のクラスでは、その段階でも、それが練習の目的でもありません。トリーツを持った手が動いても、じっとしている練習はまた別に行ないます。

飛びつこうとしたり、手に持ったトリーツを取ろうと立ち上がったりしたときは、黙って直ちにトリーツを持った手をひっこめ、待ちます。犬が座ったら、犬の口の方にトリーツを持った手を再び伸ばします。立ち上がったら、トリーツを引き上げ、待つ。犬はそこから自分がどうしたらトリーツを得られるのかを考え、行動を選択をします。どうすべきかを自分で考えさせることが重要。そのために「黙って待ち」、犬に考える時間を提供することが必要なのです。指示をしたり、名前を呼んだり、あれは違う、それでもないなどという不必要な声かけは、犬が考える邪魔になります。また、大きな体の動きは犬を混乱させることがあります。だから、「いいトレーニングは静か」なのです。

パピーにリードを付けていることにも実は意味があり、この練習の中で「人に飛びつく」という経験をさせてしまわないため。教え手であるPiaが、犬の動ける範囲を予測して近づくことができ、また、飛びつかれないように距離を調整することができます。

どんな行動も繰り返せば学習され、定着します。望ましくない行動がやりにくく、望ましい行動がやりやすい環境を整えることはトレーニングの基本です。

トレーニングは本当にシンプルなもの。故に、成功の鍵を握るのは教え手の知識とテクニックなのです。

Thank you Pia for sharing your great lesson!

, , , ,