ClickerExpo 2012 Nashville – 1. 会場の様子

2012年3月29日〜4月1日の3日間、アメリカ・テネシー州ナッシュビルで開催されたアニマルトレーニングカンファレンス「ClickerExpo 2012 Nashville」に参加してきました。

今回会場となったのはナッシュビル空港近くのSheraton Music City Hotel


ClickerExpoは報酬ベースのトレーニング(Positive Reinforcement Training)の大きなカンファレンス。年に1〜2回、アメリカで開催されています。

講義(セミナー)が3つと、愛犬とともに実際にエクササイズやトレーニングを体験するラボ(ワークショップ)が2つ、合計5つの講座が3日間終日同時進行する充実したスケジュール。講座はどれも魅力的で、自分がどの講座に参加するかを選択するのが、参加者の一番の悩みと言っても過言ではありません。

Kathy Sdao  ピンボケでご本人のお顔がわかりませんね。申し訳ありません。

Ken Ramirez 今回初めて講義を聞き、すっかりgrupieになってしまったのが彼、ケン・ラミレツ氏です。彼の講義については後日個別に記事を書きたいと思います。

Cecilie Køste 私はバッグチェーニングについての講義を聞いてきました。

Alexandra Kurland 馬のクリッカートレーニングの世界ではとても有名な方です。TTouchのプラクティショナーでもあります。

LAB by Kay Laurence

LAB by Ken Ramirez

LAB by Michele Pouliot すみません。ご本人が写っている写真がないという大失態。撮影しておいたつもりだったのですが。こちらはレトリーブがテーマのラボ。

パネルディスカッション。


ClickerExpoは犬連れの参加も可能。犬のためにも色々な準備がなされています。

足ふきタオル

ウォーターサーバーの側には人間用のグラスだけではなく、犬用のボウルも用意されています。

古いテニスコートが犬をフリーにしていいスペースになっていました。ホテルの敷地内なので、講座の合間でも愛犬に気分転換をさせてあげられます。

宿泊していた部屋の目の前だったので、早朝気持ち良さそうに遊んでいる様子を眺めていましたが、犬同士遊んでいても、犬にばかり夢中になるのではなく、呼ばれていなくても時々飼い主のところに戻ってみるコばかり。興奮して騒ぎ立てているコも見掛けず、もちろん、叱ったり怒鳴ったりしている人もおらず、報酬ベースのトレーニングで犬を育てることは、犬と飼い主だけのものではなく、第三者も心地よく過ごせることを改めて感じました。


ClickerExpo開催中オープンしているストア。クリッカーやゲームグッズ、おもちゃ、本、DVDなどが並びます。2日目の夕方には、ClickerExpoの講師たちによるサイン会が行なわれます。私は時差ぼけで起きていられず行けませんでした。無念。

おもちゃは大型犬向けのものがやっぱり多かったです。

犬たちのためのバランスボールたち。次々に売約済みの紙が貼られていきました。

本は日本ではお目にかかれないものもたくさんありました。お財布の都合もあるので、どれを買うか本当に悩みました。

最近発売されたJewel Clicker。

購入したいなと思ったら黄色いショッピングバッグに入れて、レジの後ろでキープしてもらい、清算は最終日でOKというシステム。

今回のClickerExpoのスポンサーは、KONG、THUNDERSHIRTS、BRAVO。

KONGは、トレーニングと行動のスペシャリストMark Hinesによるミニセミナーも開催。私も聴講してきました。

,