ロック-アンロックゲーム(トレーニングゲームポスター日本語版)

Alice Tong, CPDT-KA KPA-CPTChoose Positive Dog Training)が、Karen Pryor Clicker Training Libraryの記事で紹介した、リードを付けている時の、他の人や他犬などの刺激に対する、犬の過剰な反応を軽減することを目的としたトレーニングゲーム。その方法をイラスト付きで解説したポスターの日本語訳と日本語版の制作をさせていただきました。

EngageDisengageGame-Japanese

ダウンロード

トレーニングや教育のためであれば、このポスターを印刷してシェアすることが許可されています。日本語版、英語版ともにダウンロードはこちらのページのリンクから。英語版ポスターのすぐ下に「This infographic and text were…」ではじまるパラグラフがあります。その最後の「Japanese」をクリックすると日本語版ポスターのファイルをダウンロードができるページに移動します。

日本語タイトルについて

英語版のゲームのタイトルは「The Engage-Disengage Game」です。日本語のタイトルは、内容をふまえ、短く、覚えやすく、犬の状態と動きのイメージに合致する言葉を選びました。

補足 〜愛犬の成功を助けるために〜

トリーツ(報酬として使う食べ物)は、小さなものを数多く。
犬の大きさにもよりますが、小指の爪から親指の爪くらいの大きさのトリーツ(食べ物)をたくさん用意しましょう。戦う相手は、犬に不安や恐怖を与える強い刺激です。それに勝てる、愛犬が大好きな魅力あるトリーツ(食べ物)を用意して臨みましょう。どんなものをどんな風に用意すればいいかわからない方は、こちらの動画 (by Mary A. Gilbreth, PhD, CPDT, OSCT, CAP1)を参考に。

ゲームを始める前にクリッカーのチャージングを。
クリッカーの音が「報酬を予告するもの(二次強化子)」になっていなければ、このゲームは成立しません。クリッカーを鳴らして、すぐにトリーツを食べさせる。クリック→トリーツ、クリック→トリーツを十分に繰り返して、クリッカーの音を聞いたら、犬がトリーツを思い浮かべるようにしておきます。このクリッカーの音を報酬の予告にするためのプロセスをチャージングと言います。家で犬がくつろいでいる状態で(クリック→トリーツ)x5〜10回 x5〜7日間実施して、クリッカーの音が確実に「報酬を予告するもの」にしてから、ゲームを始めることをおすすめします。

ゲーム以外の場面で、愛犬が苦手とする、過剰な反応(望ましくない行動)をしてしまう刺激に触れさせない。
刺激を回避し、望ましくない行動を繰り返させないようにします。お散歩の時間帯やルートを変えましょう。行動は繰り返されれば繰り返されるほど強化されます(強固なものになります)。望ましくない行動(例えば、他の犬を見たら吠える)を繰り返させればさせるほど、望ましい行動(このゲームで教えるのは、他の犬を見たら飼い主を見る)は実行されにくくなります。望ましい(適切な)行動を教え、それを選択してほしいのであれば、望ましくない行動を反復させないようにする必要があります。

やってみたいけれど、よくわからない場合や、やってみたけれど、うまくいかない場合は、正の強化のトレーニングを提供しているトレーナーに相談を。
ゲームのルールはとてもシンプルですが、ゲームの目標を達成するには、犬のストレスが低い状態を保ち続けることが不可欠です。犬が刺激から視線を外し、飼い主の方を見るという行動を楽しんで重ねられるようにするためには、刺激の度合い(距離)を適切に調整し続けることが必要です。よくわからない、うまくいかないという場合は、プロフェッショナルの助けを借りましょう。行動変化の科学と正の強化のトレーニングを正しく理解しているトレーナーであれば、このゲームで、どうして刺激に対する印象や行動が変えられるのか、どんな行動変化の原理と技術に基づいているのかについても教えてくれます。

Thank you Alice for your great idea and permission to translate into Japanese!
Thank you Lili for your cute drawings and help!
Thank you Hazuki san and Maasa chan for looking at my Japanese translation!

, , , , , , , ,