「信頼口座」の預金、増やしていますか?

Behavior+ Worksが製作している動画のひとつを日本語訳しました。

Trust Accounts

【日本語訳】

(オープニング)
Behavior+ Works
すべての学習者の生活の質を向上させる

信頼口座
ポケットサイズ行動科学図書館より
製作:James Fritzler, Susan G. Friedman, Ph.D.

あなたが抱える学習者に新しい行動を教えることはロケット科学(難しいこと)ではありません。それは行動の科学です!

(本編)

こんにちは。スーザンです。信頼について考えて考えてみましょう。信頼関係は、教える場合にも教わる場合にも核となる要素です。

こんな風に考えてみましょう。学習者の信頼は、銀行に預けているお金のようなものです。あなたはそれを口座に預金しておくことも、引き出すこともできます。引き出し額が口座の残高を超えれば、あなたと学習者の関係は破綻してしまいます。

あなたが関係を破綻させれば、うまく教えることはとても難しくなります。

正の強化という結果を学習者にもたらすすべての交流は、「信頼口座」への預金となります。

正の強化子には、例えば、褒めること、触れること、トリーツ(おやつ)などがありますが、強化子となるものは個人個人(個体)により大きく異なります。

口座から信頼という預金を引き出してしまう交流もあります。それは、罰や強要、脅しなどを使う、思いやりのない教育や練習です。

あなたの「信頼口座」を黒字にし続けるために、学習者との交流はポジティブなものにしましょう。

「信頼口座」が一度でも赤字になれば、黒字に戻すことは困難です。 いい関係とは、多くの預金がある「信頼口座」なのです。


望ましくない行動をやりにくく、望ましい行動をやりやすい環境を整え、愛犬のよりよい選択と行動に対してよい結果を提供する正の強化によって、望ましい行動と、愛犬との「信頼口座」の預金を増やしつづけていきましょう!

,