限界を理解する:それは、越える越えないだけではない(Suzanne Clothier記事日本語訳)

古典的条件付け(Classical Conditioning)、逆条件付け(CC: Counter Conditioning)、系統的脱感作(DS: Systematic Desensitization)。そうした言葉の意味や方法を知っていても、過剰に反応してしまう刺激に対する、犬の情動と行動に変化をもたらすのは簡単ではありません。

それは、犬の小さなボディランゲージや行動から心情を読み取ることや、効果的な学習が起こすための状況について理解をしているだけではなく、刺激が個体に与えるインパクトは、どんな要素によって決まるのかについて、理解し、環境と提示する刺激を、犬の様子を細かく観察しながらコントロールし、調整しなければいけないからです。

個体の耐性の限界を越えた刺激量を与えてしまうと、強い情動を引き起こしてしまいます。刺激のコントロール次第で、犬の成功を助けることもできれば、逆に、状態を悪化させてしまったり、他の問題を引き起こす原因を作ってしまう可能性もあります。

今回翻訳させていただいたSuzanne Clothierの記事「Understanding Thresholds: It’s More than Under- or Over-」では、刺激を、どういう観点から捉え、扱えば、犬のよい学習を助けられるのかが、わかりやすくまとめられています。

トレーナーやインストラクター、また、それを目指している方にとっては、不可欠とも言える知識です。また、トレーナーやインストラクターの指導を受けながら、他の犬や人などに過度に反応してしまう愛犬のトレーニングに取り組んでいらっしゃる飼い主の方にとっては、指導の意味や内容をより深く理解するのに役立つと思います。わからない箇所については、相談されているトレーナーやインストラクターに聞いてみてください。

ご自身だけで、愛犬を苦手なものに慣らそうとされている方には、慣らすというのはただ刺激に暴露すればいいというものではないことと、知識と技術を持った人の協力が必要であることを感じていただけるかもしれません。


「限界を理解する:それは、越える、越えないだけではない」(PDF)
著:スザンヌ・クロージャー
訳:齋藤美紀, CPDT-KA

※ダウンロードしたPDFの配布およびWebサイト等への掲載には、条件があります。事前にこちらの規定(英語)を確認いただき、必ず従ってください。

元の記事:Understanding Thresholds: It’s More than Under- or Over-


Thank you so much Suzanne Clothier for permitting me to translating one of your great articles!
Thank you so much Suzanne Web for your time and help to create the Japanese version!

, , , , , , ,