Tag Archives | differential reinforcement

barking

古典的条件付けを使った「犬が望ましい行動を選択しやすい環境」作り

報酬ベースのトレーニング(正の強化トレーニング。Positive Reinforcement Training)では、犬の自発的な選択と行動を待ち、望ましい行動を選択したことに対して強化子(その犬にとってその時喜ばしいもの)を提供して、その行動を強化します(維持・増加させます)。 強化したい行動をただ待っているだけでは、その行動がいつ起こるかわかりません。何時間も待つことになるかもしれません。複雑な行動であれば、一生待っていても発現しないかもしれません。加えて、強化したい望ましい行動が出る前に、望ましくない行動を繰り返させてしまう可能性もあります。それでは、トレーニングは進みません。 (more…)
Continue Reading
piapuppyclassjump

パピーの飛びつき改善(動画紹介)

Pia Silvani, CPDT-KA, CCBC-KA (Vice President of Training and Behavior of St. Hubert’s Animal Welfare Center) 氏がパピークラスで、飛びつきをなくすための方法について指導している動画をご紹介します。シンプルな内容ですが、トレーニングの重要なテクニックを見ることができるので、パピーオーナーさん以外も学びになるはずです。 (more…)
Continue Reading
boundarytraining

境界線トレーニング Boundary Training

境界線トレーニング(boundary training)とは、境界線を決め、「許可なくここから出ないで」もしくは「許可なくここから入らないで」ということを犬に教えるトレーニングです。 (more…)
Continue Reading
maple

分化強化(Differential Reinforcement)

報酬ベースのトレーニングでは、望ましい行動を引き出すときやその行動の質を高めるときに、望ましくない行動を改善する場合にも、分化強化(Differential Reinforcement)を用います。 (more…)
Continue Reading